KOINEとは

KOINE (Kyudai global Open Innovation Network Engine)とは、九州大学が提唱するオープンイノベーションに基づくアイデア創出の仕組みです。英単語KOINEは、古代ギリシャ語由来の“共通言語、共通認識”を意味します。
KOINEは、研究やビジネスを推進する中で生じる複雑な課題に対して、さまざまな経歴を持つ方々同士で話し合うことで課題の多様な側面からの意味の共通理解を深めます。そして、そこから思いもつかなかった考え方や方法を見出して課題解決をはかります。KOINEは、”新鮮な出会いと思いもかけない発見”を常に作り出す機会提供をいたします。

01 課題解決の機会(KOINE会合)の提供

KOINE

社会(産業)課題や使い道のわからない発明等、お困りのことをKOINE事務局までお知らせ下さい。さまざまな方々と議論できる機会を提供し、その中で解決方法を模索します。学生、教職員、企業研究者、企業経営者、自治体職員、投資家等、これまでさまざまな方々が議論に参加しております。
会合は月に1回程度開催されて、参加毎に参加実費を頂いております。
参加メンバー間では、自由な意見交換を行いますが、その内容は公表いたしません。それぞれの組織や個人に不利益にならないよう秘密保持契約を最初に締結して参加頂きます。

02 具体的な解決手法の提供

課題解決の方法を見出した後は、メンバー間で別途共同研究契約を結ぶことで具体的な研究開発を推進します。秘密保持契約の下でのオープンな議論と、共同研究契約に基づいたクローズな研究開発により、それぞれの具体的な課題解決を図ります。

03 グローバルな共有知識と手段の提供

それぞれの研究プラットフォームでは、知識や手段の共有を図ることでメンバー間の活動の利便性を高めております。このため、相互扶助に基づく協力関係を利用した効率的な取り組みが可能です。また、この取り組みは国内だけでなく海外にも広がっている研究プラットフォームもあります。

04 指導力のある人材育成

さまざまな人々が参加する中でのアイデア創出や、その後の具体的な実証検討や共同研究は、チャレンジ精神と指導力の養成につながります。また、グローバルイノベーションセンター(GIC)と協働しているロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)では、起業精神に富んだ人材育成を行なっており、さまざまなプログラムについて参加可能です。

KOINE研究プラットフォーム

    これまで、課題ごとに6つの研究プラットフォームが立ち上がりました。新たな課題が出てくれば、随時新規研究プラットフォームを立ち上げます。
    下記KOINE meeting事務局までご相談下さい。

プラットフォームの具体例

PF1: NanoFactory
原子や分子などナノレベルでの材料成長、加工プロセス、分析等について検討します。

PF2: NanoFoundry
二次元原子膜材料を中心とした材料合成から産業応用まで検討します。
PF3: Cold Tech
冷熱を中心としたエネルギーの効率的利用を基にした複合的な産業における実用化研究を検討します。
PF4: Agri-food
農林水産業での生産者と消費者との間に、研究者も加わることで持続可能で地域性の特色のある新たな生産物や生産方法を検討します。
PF5: Open Data & Analysis
特定の大量データを、オープンな形で二次的に活用するための仕組みや分析手法について検討を行います。
PF6: Quantum Science & Technology
海外機関との連携も含めて、量子計算を実現するための総合的な検討を行います。

九州大学グローバルイノベーションセンター

オープンイノベーションに基づく課題解決を進めるKOINEプロジェクト部門のあるグローバルイノベーションセンター(GIC)は、関連する学術研究・産学官連携本部(AiRIMaQ)やロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)と、下の図のような関係があります。

図

お問い合わせ

KOINE meeting事務局
〒816-8580 福岡県春日市春日公園6-1 九州大学グローバルイノベーションセンター
Email : koine_jimu(at)gic.kyushu-u.ac.jp  (at)を@に替えてください。

Page Top