機能材料領域

藤野 茂 教授

本領域では、次世代のフォトニクス、エレクトロニクス、バイオ分野を支える有機/無機メソポーラス材料と先端機能性ガラス・セラミックスに関する研究を行っています。具体的にはナノ・マクロ構造形成のための材料プロセッシングを構築することで、これまでにない新しい機能性発現を目指しています。その基礎的成果を基に、切削不要・微細加工が可能な光学ガラス、電子部品、バイオチップ等への実用化に取り組んでいます。更には、低環境負荷ガラス材料の創製に重要な高温融体その場物性・構造評価システムの開発を行っています。

切削加工を必要としない製造法を開

切削加工を必要としない製造法を開発
(左)メソポーラスシリカ、(右)シリカガラス

先端機能性ガラス(ナノインプリント、発光ガラス)

先端機能性ガラス
(ナノインプリント、発光ガラス)

プロジェクト名

高機能・低環境負荷ガラス・セラミックス材料の研究開発

プロジェクトリーダー

藤野 茂 教授

筑紫キャンパス
グローバルイノベーションセンター 4階
TEL:092-583-8773 FAX:092-583-8773
mail

研究内容

  1. 機能性ガラス-セラミックスの開発
    • 有機/無機メソポーラス材料の開発
    • 粉末焼結法による機能性透明シリカガラスの開発
    • 室温ナノインプリント法によるガラスへの微細加工
    • 印刷技術を用いた発光・導電性ガラス
  2. レーザー分光法を用いた高温ガラス液滴の融体物性と構造
    • その場マイクロレオロジー、ラマン測定法の開発

採択プロジェクト(抜粋)

  • 日本鉱業振興会 日本鉱業振興会試験研究プログラム
    「常温で成形・量産可能な機能性メソポーラスシリカの新規作製法の開発とその応用」
    研究代表者、2015年~2016年度
  • 九州経済産業局・戦略的基盤技術高度化支援事業
    「熱可塑性フッ素樹脂に熱伝導性フィラーを高密度・高充填したパワーエレクトロニクス機器用高耐熱性放熱シートの開発」
    研究副総括者、2013~2016年度
  • 日本学術振興会・科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究
    「ナノ空間を利用した機能性プリンタブル透明シリカガラスの開発」
    研究代表者、2012年~2014年度
  • JST研究成果最適展開支援プログラム
    「シリカナノコンポジットを用いた透明導電性ガラス材料の開発」
    研究代表者、2011年度
  • 公募型産学協同研究 旭硝子株式会社リサーチコラボレーション制度
    「新規非接触法による高温ガラス融体物性評価技術の開発」
    研究代表者、2007年~2010年度
  • NEDO産業技術研究助成事業
    「粉末焼結法による高純度透明石英ガラスの作製と光学部品への応用」
    研究代表者、2003年~2008年度

特許

  • 特願2015-042986、シリカガラス前駆体製造方法、シリカガラス前駆体、
    シリカガラス製造方法、及びシリカガラス 他20件

受賞

  • 第8回PM研究促進展奨励賞(日本粉末冶金工業会)、2010年
  • 九州大学研究・産学連携活動賞(九州大学)、2008年
  • 九州大学研究・産学連携活動賞(九州大学)、2007年
  • 第29回 資源素材学会奨励賞(資源素材学会)、2003年
  • Corning Research Grant Award(Corning K.K.)、1998年
Page Top