次世代機能材料創製領域

渡邊 久幸 客員教授

本領域において組織対応型連携を活用し、生体材料分野に於ける新シーズ獲得、有望材料創出を目的とした研究を行う。また本研究を通して生物評価にも精通した材料研究者を育成する。

プロジェクト名

次世代機能材料の創製

プロジェクトリーダー

渡邊 久幸 客員教授

福岡市産学連携交流センター 214号室(2階)
福岡市西区九大新町4-1
TEL:092-400-4381 FAX:092-400-4382

組織

九州大学、日産化学工業株式会社

背景

近年、生体材料分野の革新に向けて、生物評価と材料技術の連携が叫ばれている。一方で機能性材料分野では、解析技術の進歩に伴い高分子化合物の組成だけでなく、自己組織化、超分子といったナノ構造体制御(ナノテクノロジー)を考慮した材料設計が注目されている。

図

研究内容

1. 細胞に関する材料研究

写真

1-1. ライフサイエンス材料の構造・物性に関する研究(工学研究院 田中教授との共同研究)

細胞を培養する際に使用する材料の機能発現のメカニズム等の検討。

写真

1-2. 幹細胞操作に関する研究(先導物質化学研究所 木戸秋教授との共同研究)

細胞を培養する際、分化や増殖等の機能を制御できる材料の開発、及びその機能発現メカニズム等の検討。

2. DDSに関する研究

写真

2-1. 新規高機能性経皮DDSの開発(工学研究院後藤教授との共同研究)

主に油に難溶性の物質に関する経皮浸透性技術の開発。

写真

2-2. 新規DDS材料研究(グローバルイノベーションセンター 古川教授との共同研究)

新しい材料を用いた経皮浸透性技術の開発。

Page Top