第3回 GICセミナー

都市開発のグローバルイノベーション戦略
 〜福岡市及び欧州における都心部の開発と文化・芸術環境づくり〜

日時 平成29年1月19日(木)10:30〜12:00
場所 芸術工学部 7号館1階ワークショップ(Map07)(九州大学 大橋キャンパス
講師 九州大学グローバルイノベーションセンター 客員教授
[ラフィナート都市開発株式会社顧問、元福岡市・理事]
広川 大八 氏
講演概要

福岡市の都心部では、1980年代から商業・業務機能や歩行者回遊機能の整備とともに、ホール・ギャラリー・広場などの文化・芸術環境も整備されてきたが、近年の訪日外国人観光客の増加や国際コンベンションの増加などのグローバル化の進展により新たな局面を迎えようとしている。一方、ヨーロッパに目を向けると、EUによる欧州文化首都の指定などを契機とした都心部の大規模な再開発が盛んに行われており、そこでは単なる商業・業務空間の拡大や更新だけでなく、新たな文化・芸術空間の創出が競って行われている。つまり現代社会において都心部の再開発は、創造都市や国際都市の形成などといった、いわば都市力を競う重要な意義と役割を担っている。そこで本講演では海外の先進動向と福岡市の状況について事例を交えながら、今後の福岡市都心部における再開発の方向性を考察する。

世話人 九州大学大学院 芸術工学研究院 教授 都甲 康至
(内容照会先)Mail:togo(a)kyudai.jp
※上記の「(a)」は「@」とお読み替えください。
九州大学大学院 芸術工学研究院 教授 兼
九州大学グローバルイノベーションセンター 副センター長・教授 尾本 章
定員 20名(先着順)
申込み 【メールでのお申込】下記メールリンクより、必要事項をご記入の上、お申込ください。
   drcjimu@design.kyushu-u.ac.jp
【FAXでのお申込】申込書にご記入の上、下記FAX番号へお申込ください。    
アドバンストデザインプロジェクト棟事務室(大橋キャンパス) 担当:平島
【TEL,FAX】092-553-4584
Page Top