第6回 GICセミナー

IoT社会到来に向けた有機エレクトロニクスの革新的技術開発

日時 平成29年7月21日(金)13:00~15:10
 第一部. 13:00~14:00
 第二部. 14:10~15:10

場所 グローバルイノベーションセンター3F 研修室 (九州大学筑紫キャンパス
講師 九州大学グローバルイノベーションセンター 客員教授
[経済産業省 次世代化学材料評価技術研究組合 主席研究員、博士(工学)]
木村 雅之 氏
講演概要

 内閣府より科学技術イノベーション戦略2016が打ち出され、その推進方策として、「Society 5.0」(超スマート社会)の推進が挙げられている。特に、同方策では、「人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる、人間中心の社会の実現」が深めるべき検討項目とされている。同方策に基づき、我々は、有機エレクロトニクスに関わるイノベーションを目指した研究開発プロジェクトを推進中である。本セミナーでは、有機エレクトロニクス分野での国家プロジェクトを推進している研究者を講師として招き、科学技術イノベーションを目指した有機エレクトロニクスの研究動向、社会変革に向けた新たな価値創出の取組、未来の産業創造の見通しなどを語ってもらう。本講演を通じて、有機LED(Light Emitting Diode)デバイスの未来がより明らかになるであろう。

〔第一部.有機エレクトロニクスの開発変遷と未来〕

 講演第一部では、有機LEDデバイスのこれまでの開発変遷を述べ、次に今後の人間中心社会実現に貢献を目指す技術、将来の見通し、新しい産業構造の見通しについて紹介する。

〔第二部.超スマート社会実現に向けて期待される有機エレクトロニクス〕

 講演第二部では、「スマート社会:人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる、人間中心の社会の実現」の理念に基づいて、現在我々の推進中の「健康を促進する有機OLED照明を用いた照明空間の創造プロジェクト」の取り組み状況について紹介する。

世話人 九州大学グローバルイノベーションセンター アドバンストプロジェクト部門 教授 服部 励治
定員 60名(先着順)
申込み

※電子メール又はFAXにてお申し込み下さい。

【メールでのお申込】下記メールリンクより、必要事項をご記入の上、お申込ください。
   jim@gic.kyushu-u.ac.jp
【FAXでのお申込】申込書にご記入の上、下記FAX番号へお申込ください。    
グローバルイノベーションセンター事務室 担当:小濵(おばま)
【TEL】092-583-7883
Page Top